憧れの塾講師になろう│コミュニケーションも働く上で必要になる

能力を活かして働けます

男女

職種と求められる能力

塾アルバイトと一言で言っても、塾の指導方法や職種によって働き方は変わります。まず主に、塾アルバイトには、4タイプあります。一つ目は集団指導型講師、二つ目は個別指導型講師、三つ目はグループ指導型講師、四つ目はチューター・担任助手です。まず一つ目の集団指導型講師は、一つの教室でだいたい10名以上の生徒を対象に行います。大勢の生徒の前で堂々とプレゼンテーションする能力が求められます。二つ目の個別指導型講師は、3名以下の生徒を対象に行います。生徒それぞれの能力に合わせて指導する能力が求められます。三つ目のグループ指導型講師は、集団指導型よりも少人数で個別指導型より大人数の3〜10名程度で行われます。授業は、集団指導型と同じように全体で進めますが、一人一人の能力を見極める能力も必要となります。最後にチューター・担任助手型は、進路などの相談に乗ったり、学習のアドバイスをします。また、授業が円滑に進む手助けも行います。この他にも様々な職種があります。それぞれ特徴を知り、自分に合った職種で、塾アルバイトを始めましょう。

効率よく働けます

塾アルバイトは、生徒の成長を身近で見る事ができ、達成感を感じれる、やりがいがあるアルバイトです。そして、塾アルバイトは様々なメリットがあります。まず、お給料です。アルバイト募集で多い、飲食系のアルバイトや、一般的な接客業等に比べ、高い事が多いです。また、一般的に学校終わりの放課後に授業があります。なので、朝や昼等、不規則にシフトを入れる必要がありません。そして、体力的に楽な場合が多いです。少人数の個別指導型やチューター・担任助手等は、生徒の横に一緒に座って指導する場合が多いですし、集団指導型やグループ指導型は立って授業を行いますが、動きっぱなしということはありません。生徒に教える事で、自分の勉強にもなります。空き時間をうまく利用して、効率よくアルバイトをしましょう。